衆院政治倫理公選法特別委員会が7日開かれ、与党提出の公選法改定案などに対する質疑が行われました。民主党提出の政治資金規正法改定案が同委に付託されているにもかかわらず、同党は出席を拒否するという異常な対応を続けてきましたが、この日の審議には出席しました。

 同党の階猛議員は鳩山由紀夫代表の偽装献金問題について、「説明責任を果たしたと言えるかどうかの範囲は不明確だ」とのべ、説明責任の定義があいまいだなどと強調。「説明責任がはっきりしない中で、世論調査で説明責任を果たしたかどうかを問うこと自体が問題だ」などとマスメディアの調査に攻撃のホコ先をむけました。

 同党の石関貴史議員は、与謝野馨財務相が先物取引会社のダミー団体から迂回(うかい)献金を受けていた問題を取り上げ、「自分の身を潔くしてから『堂々たる政治』をしてほしい」などと述べました。

 与党側から「鳩山代表はどうした」「鳩山代表を一緒にやれ」などとヤジが飛び、議場は騒然となりました。

■関連キーワード