スクウェア・エニックスは、ニンテンドーDS向けに「光の4戦士-ファイナルファンタジー外伝」を発表した。発売は2009年秋との事で、価格はまだ未定。古いFFファンならどこか懐かしい設定に、期待せずにはいられないだろう。

この「光の4戦士-ファイナルファンタジー外伝-」は、DS版「FF?」「FF?」のスタッフが開発。ごく普通の村人である主人公が、王様に依頼され北の魔女にさらわれた王女を助けに行くという導入部分は、古き時代のRPGを彷彿させる設定だろう。

「光の4戦士」というタイトルは、FC時代のFFファンなら聞き慣れた言葉ではないだろうか。また「ファイナルファンタジー外伝」は、同社の「聖剣伝説」を思い出す人もいるだろう。この「光の4戦士」には、現段階で発表されている設定だけを聞くと、古いFFファンを意識したものとなっている。一方でネットや雑誌で公開された画面写真から、グラフィックは「DSでももう少し頑張れるのでは?」との声もある。ゲームの面白さが必ずグラフィックに直結するという事はないので、まずは今後の情報を待ってから購入するかしないかの判断をしてみてはどうだろうか?
(TechinsightJapan編集部 林 裕之)

【関連記事】
大航海時代Onlineの7/21アップデート内容が明らかに
女性ファン必見! 戦国BASARA3が発表
「大航海時代Online」拡張パック第3弾発表会へ行こう
イースポータルサイトがオープン
サガシリーズのCDBOXが発売
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!