数年前、ISIS編集学校(松岡正剛校長)が主催した

「アイディアコンテスト」

がありました。

これは、某家電メーカーとのタイアップで行われたもの。


テーマは、

「超リモコン」

です。


テレビやエアコンなどに欠かせないリモコンですが、
現在のリモコンを

‘超える’

斬新なデザインや機能を持つリモコンのアイディアを
出すのが当コンテストの狙いでした。


そこで、私が当時提出したアイディアは、
ひとことで言うと、

「鳥(ちょう)リモコン」

でした。

「ダジャレ!」ありきではないのですが、
自分で空を飛べるリモコンなのです。

外見は、オウムくらいの大きさの小鳥。

人と自然文で対話しながら、
人とマシンの仲立ちをしてくれます。

好きな名前をつけて
ペットのように付き合える関係。


既存のリモコンは、
どこに置いたかすぐにわからなくなって
探すのが面倒ですよね。

でも、鳥リモコンは、

“リモちゃん、どこいるの?”

と呼びかければ、

“ハーイ、今行きます、ご主人さま!”

などと答えてすぐに飛んできてくれます。


さて、私の考えた「鳥リモコン」は、
ほぼ実現不可能な

「夢物語的アイディア」

のつもりでしたが、
類似のアイディアの実現にむけて
研究している方がいらっしゃるんですね。

つい最近知りました。


一日中、ウェアラブルコンピュータを身に付け、
頭にはHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を
装着しているちょっと変わった先生、ご存知ですか?

時折、テレビなどにも登場されるこの先生は、

塚本昌彦氏(神戸大学工学部電気電子工学科教授)

です。


塚本氏は、見た目はいかにも

マッドサイエンティスト風(ほめ言葉)

ですね。なかなかクール!

そして、塚本氏が推進している

「飛ぶコンピュータ」

の研究も、塚本氏同様、実にユニークです。


同研究には、
ラジコンヘリで知られるメーカー、

「ヒロボー」

も協力しているそうです。


残念ながら、塚本教授の研究室等の
Webサイトでは、当研究の詳細や進捗状況に

続きはこちら