以前GIGAZINEでスクウェア・エニックスが謎のカウントダウンサイトを立ち上げたことをお伝えしましたが、その正体が本日ついに明らかになりました。

発表されたのはファイナルファンタジーの外伝となる新作RPG「光の4戦士」で、クラシックなファンタジーRPGを今の技術で作成したものとのこと。

また、今年で20周年を迎える「サガシリーズ」についても気になる情報が明らかになっています。

詳細は以下から。
光の4戦士 -ファイナルファンタジー外伝-


このページによると、スクウェア・エニックスは2009年秋にニンテンドーDS向けRPGとして「光の4戦士」を発売するそうです。「光の4戦士」はファイナルファンタジー外伝にあたる作品とされており、最大4人でのプレイが可能。

ストーリーはこんな感じ。とらわれの姫を助けに行くという、まさに王道中の王道です。


スタッフ。プロデューサーはニンテンドーDS版ファイナルファンタジーIIIやファイナルファンタジーIVを手がけた浅野智也氏で、ディレクターはファイナルファンタジーIVや半熟英雄などを手がけた時田貴司氏です。


開発者からのメッセージ。クラシックRPGのエッセンスがふんだんに詰め込まれているようです。


ちなみにカウントダウンが行われた当時、20周年を迎える「サガシリーズ」の最新作である可能性も考えられていましたが、サガシリーズのキャラクターデザインを手がけた小林智美氏の公式ブログによると、現時点で未発表の20周年記念企画が存在しているようです。

小林智美 Official Blog >> サガ20周年キャンペーン

ニンテンドーDSでゲームボーイ版「Sa・Ga2 秘宝伝説」が「サガ2秘宝伝説 GODDESS OF DESTINY」としてリメイクされることが正式決定していますが、未発表の企画とはいったい何なのでしょうか。非常に気になるところです。

・関連記事
突然発表されたPS3ソフト「FINAL FANTASY XIV(FF14)」の世界観が明らかに、HD画質のムービーも - GIGAZINE

「FINAL FANTASY XIII(FF13)」の召喚獣公開、第一弾は変形合体してバイクになる姉妹の召喚獣「シヴァ」 - GIGAZINE

来月発売の「ドラゴンクエストIX(DQ9)」、セーブできるデータはソフト1本につき1つのみ - GIGAZINE

「FINAL FANTASY XIII(FF13)」のトレーラー第2弾が公開、衝撃の新事実が発覚 - GIGAZINE

記事全文へ