何歳から子供にパソコンを触らせるべきなのか。現代社会の中でパソコンの存在価値は「仕事の道具」としての価値以外に大きく広がっており、一概に「何歳から」といえなくなってきました

私の家には家族に一台パソコンがある。親が仕事で使うこともある高額パソコンを子供に壊されてはたまらない。という配慮から分けているのだけれど、

最新の統計データでは「テレビ・ゲームの時間が減少し、モバイルのネット利用の時間が増加」の方が多いとの結果が出ている。

http://www.netasia.co.jp/
ネットエイジア株式会社は、全国の10代〜30代の男女1,272人に対し「モバイルとパソコンのネット利用についての調査」をモバイルリサーチにて実施、2009年6月5日、調査結果を発表した。

ここ1年間で、各項目(モバイルでネットをする時間・パソコンでネットをする時間・テレビの視聴時間・雑誌を読む時間・テレビ・ゲームをする時間)に費やす時間の増減はどうなったかを聞いたところ、テレビ・ゲームをする時間は「増えた」が11.3%であるのに対し、「減った」は38.1%となり、「減った」が26.8ポイント上回った

年々、日本人の社会生活にパソコンはなくてはならないものになってきているのだ。

日々、パソコンを使って仕事をしている私は子供には一体いつからパソコンを触らせるべきなのか? 勉強させるべきなのか?という質問を受けることがある。私の答えとしては「好きな時期に」としか答えられない。なぜならその子供が大きく成長し「仕事で使う」頃にはOSは勿論開発言語も「今とは違ったもの」になっている可能性が高く、今そのような技術を勉強しても「全くの無駄」になることが多いのだ。

私は小学校3年生ごろから、親のパソコンをイタズラして楽しんでいたが、その当時はPc-98 VMとかVX はたまたE などという名前のパソコンだった。それでも一台100万円以上したのだから子供のおもちゃではない。


続きはこちら