こんにちは。占い鑑定士の飛鳥 銘です。
明日は七夕です。結婚スタンバイ状態のカップルにとっては、彼氏がプロポーズしてくれるようにお願いをしたい女性も多いのではないかと思われます。
ところで、彼氏がなかなかプロポーズをしてくれないという悩みは婚活ブームのずっと前から私のところにも相談が多く寄せられます。

男性がなかなかプロポーズしない理由は、私の相談事例で見る限り、およそ二つのパターンに分類されます。
一つは、女性が結婚を焦っていることに関して鈍感である場合です。男性は35歳過ぎてから結婚しても別にどうということもなく、昔のように「オマエ、そろそろ○○ちゃんを幸せにしてやれよ」と諭す先輩もいなくなったことが大きいでしょう。

もう一つは、経済不安ですが、なんのことはない「結婚式費用が出せない」ことで悩んでいる男性はとても多いです。

そもそも結婚式というのは、花嫁主役のセレモニーであって、花婿である男性は、良くて"添え物"、下手をすれば"さらし者"です。

現在、フルコースで結婚式と新婚旅行をやれば、400万円前後の金がかかります。単純折半でも200万円です。
言い方は悪いですが、さらし者になるために200万円を払うというのは、よほどの度胸がなければできません。

親が費用を出してくれるかもしれませんが、できればそんな大金はこれからの生活にとっておきたいところでしょう。
しかも、招待客からは少なくないご祝儀をいただくわけですから、男性は親せき友人に迷惑をかけたくない思いも大きいです。

女性のほうから、結婚式は「披露宴抜きの式だけにする」というような提案があれば、男性にとっては重荷を降ろした気持ちになりますから、結婚への意志も前向きになるということも十分あり得ます。

結婚する雰囲気になっているカップルは、ぜひ一度試して欲しいと思います。

どうぞみなさま素敵な1週間でありますように。
(TechinsightJapan編集部 占い鑑定士 飛鳥 銘)

【関連記事】
【飛鳥 銘の鑑定日記】気になるあの人を占う くわばたりえさん
【飛鳥 銘の鑑定日記】男性が逃げるときのセリフ集
雅楽、茶道、お香…和の習い事が婚活に効く?
【飛鳥 銘の鑑定日記】ヨメの維持費は高すぎる
婚活を強力に応援!東日本と西日本の結婚相談所協会が提携 オールジャパンで相手を探せる
ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!