bug1

発売されるやいなや、多くのバグ(不具合)が報告され、発売元であるガストが正式に謝罪を発表するにまで発展しているゲーム『ロロナのアトリエ〜アーランドの錬金術士〜』(プレイステーション3専用ソフト)。

多くあるバグのなかにはゲーム画面が止まってしまいゲームが進行できなくなるものも存在し、ファンは悩みを募らせているようだ。しかし、そんなバグのひとつに、ファンの一部が喜んでしまっているバグがあるという。

なんと、主人公の美少女・ロロナちゃん(14歳)のスカートが透明化してしまい、下着(パンティー)が丸見えになってしまうバグが発覚したのである。

バグは順次、パッチ(修正ファイル)によって改善されていくと思われるが、このバグに対しては「そのバグのパッチが出たら、一生ガストちゃんを許さない!」というコメントがされるほど、“そのまま直さないでほしいバグ” のようだ。

しかし、ロロナちゃんが14歳であることを考えると、バグの修正パッチをせずにそのまま放置しておくと児童ポルノ法によって処罰を受けることになるのだろうか? 単純所持でも処罰されることになってしまったら……。

Photo: 2ちゃんねる

このニュースの元記事を読む

■こんなIT・インターネットのニュースもあります