就職活動や転職活動、アルバイト面接などで必ず用意しなければならないのが、履歴書。自分の経歴やパーソナリティを示す重要な書類だが、それを受け取り次のステップへの合否の判断を下す採用担当者は、履歴書のどこを重視して見ているのだろうか。

 アイデム(東京都新宿区、椛山亮代表取締役社長)の人と仕事研究所が実施した「正社員転職者採用時の履歴書に関するアンケート調査」によると、採用担当者が履歴書から判断する事柄は「応募者の一般常識の度合い」が65.3%でトップ、次いで「応募者の入社意欲の強さ」(57.4%)、「応募者の人柄」(55.8%)、「応募者の実務能力」(47.1%)の順となった。

 履歴書でプラス評価となる事柄については、「文字の丁寧さ」が91.2%で最も多く、次いで「文字の美しさ」(75.5%)、「手書きであること」(54.6%)となっている。

 一方、履歴書でマイナス評価となる事柄は、「使い回しと感じる履歴書」が89.3%で最多。次いで「転職回数が多いこと」(84.3%)、「修正液の使用による書き直し」(78.5%)、「職務経歴の空白期間」(70.1%)、「スナップ写真の使用」(69.0%)となっている。

 そのほか、履歴書を見る際のポイントとして、「自分を売り込むツールとして履歴書を作成しているか」「職歴、アピールしているポイントが面接時の内容と一致しているかどうか」「『書く』⇒『伝える』ということで応募に対する意識の度合いと誠実さを見る」「前職を短期間で退職していないか。どのような理由で前職を退職したのか」という点を重視しているようだ。

●採用・不採用の判断に「面接時の質疑応答の際の受け答えの様子」が大きく影響

 では、採用活動全体で見たときに採用・不採用を決定付けるものはなんだろうか。トップは、「面接時の質疑応答の際の受け答えの様子」が98.0%でトップ、「採用時の質疑応答の内容」(96.2%)をわずかに上回った。以下、「面接時の第一印象」(95.5%)、「来社時の受付での様子」(90.4%)、「電話での問い合わせ時の応対の様子」(88.8%)の順となった。

 調査は、1416社から回答を得た。

◆関連ニュース
「買い手市場」の壁に直面、今年の就活はつらい…(2009/6/22)

採用担当者から見た、「就活生に不足しているもの」1位は…(2009/6/18)
就活の終了時期が早まる  企業の採用手控えが影響か(2009/6/15)
内定決まらなかったら、1位「進学」 2位「公務員」 3位「フリーター」(2009/6/10)
就職氷河期が再来か! 学生の50%近くが「内定先がない」(2009/6/8)