ゲームで偲ぶM・ジャクソン:Wiiアバターの作成方法も(動画)

写真拡大

Tracey John

50歳で急死(日本語版記事)したマイケル・ジャクソン氏が最初に登場したゲームは、セガが1990年にアーケードなど向けに制作した『Michael Jackson’s Moonwalker』だ。映画『Moonwalker』のプロットに従い、音楽とダンスのパワーで、誘拐された子どもたちを救うというストーリーだ。

10年後、マイケルはDreamcastおよび『PlayStation 2』向けに制作されたリズムゲーム『スペースチャンネル5(Space Channel 5)』および『Space Channel 5: Part 2』に登場した(以下の動画)。

[開発はセガ社内のAM9研(第9研究開発部)および後継の「株式会社ユナイテッド・ゲーム・アーティスツ」(2003年にソニックチームに吸収合併)。1作目のエグゼクティブプロデューサーだった内海州史氏が1999年にアメリカに出張した際、マイケルと会う機会があった。その際に製作中のゲーム数本を見せたところ、マイケルは「スペースチャンネル5」に興味を示し、「是非自分も出演したい」と志願した。この時点で完成数週間前という状況だったために、1作目では終盤の1シーンのみの出演に終わったが、『パート2』ではムーンウォークを披露するなど、準主役級の扱いを受けている。ゲーム中のマイケルの音声およびアクションは、以前セガでマイケルが主役のゲームが作られた際に当人から採取されたデータが流用された他、台詞の一部は新たに録音された]

さらに、マルチプラットフォームのボクシング・ゲーム『Ready 2 Rumble Boxing: Round 2』ではボクサーにもなった。以下では、ハワイのヘビー級ボクサー「ママ・ツア」と闘っている。

最後に紹介するのは、『Wii』のアバター『Mii』で、どうやってマイケルを作るかという動画だ。目や鼻や髪の毛などを選択していくと、マイケルそっくりのMiiが生まれる。

これまで紹介したゲーム動画ではただ画面上のマイケルを見ることしかできなかったが、Miiでマイケルを作れば、マイケルはあなたのWiiの中でいつまでも生き続けるだろう。

WIRED NEWS 原文(English)

  • M・ジャクソン急死:米国人に広まる「処方薬中毒」とは2009年6月29日
  • マイケル・ジャクソンが競売にかける「ネバーランドの宝物」2009年2月20日