ソニーがPS3向けゲームソフト開発のために台湾政府と連携したことが明らかになりました。

ゲーム会社と政府が連携するというは非常に珍しい試みであると思われますが、どうやらソニーと台湾政府の利益が一致したようです。

詳細は以下から。
SCE、PS3用ソフト開発を支援 台湾当局と連携 デジタル家電&エンタメ-最新ニュース:IT-PLUS

日本経済新聞社の報道によると、ソニーは6月29日に日本の経済産業省に相当する台湾政府の経済部と連携することを発表したそうです。

これはPS3ソフトを開発する台湾企業の育成や支援を目的としたもので、ソニーは台湾でのPS3ソフト開発を活発化させることで台湾市場での基盤を固めるとともに、中国市場の開拓につなげることを狙っているとのこと。

具体的にはソニーが台湾のゲームソフト会社に日本や欧米のソフトメーカーを紹介して、技術移転や技術指導を促すほか、台湾の大同大学と共同でゲームソフト開発技術者の育成講座も開講するとされており、経済部は台湾企業が負担する開発費や技術ライセンス料などのうち40%を補助する計画であるとされています。

・関連記事
ソニー、携帯電話とPSPを合体させた真の「プレイステーションケータイ」を開発か - GIGAZINE

ソニーがPS3専用ソフトの開発環境をさらに強化、開発コストを大幅削減へ - GIGAZINE

なんとPS2の6倍以上、PS3やXbox360向けゲームソフトの開発費が明らかに - GIGAZINE

「METAL GEAR SOLID RISING」はPS3とPC向けにも展開されることが判明、さらにもう1本新作が発表 - GIGAZINE

突然発表されたPS3ソフト「FINAL FANTASY XIV(FF14)」の世界観が明らかに、HD画質のムービーも - GIGAZINE

「FINAL FANTASY XIII(FF13)」の召喚獣公開、第一弾は変形合体してバイクになる姉妹の召喚獣「シヴァ」 - GIGAZINE

記事全文へ