元F1ワールドチャンピオンのミハエル・シューマッハがジュネーブ湖畔の新しい邸宅に引っ越したため、古い家を賃貸に出すことにしたそうです。最盛期には年間8000万ドル(約76億円)を稼ぎ出したというシューマッハが住んでいた家だけに相当な広さがあるそうで、賃貸料はなんと月額1万9000ユーロ(約2万6700ドル、約255万円)だそうです。

詳細は以下から。
Michael Schumi Schumacher will seine alte Villa am Genfer See vermieten - Sport - Motorsport - Formel 1 - Bild.de

シューマッハはVufflens-le-Châteauという小さな村に「Villa La Chenai」という家を所有していましたが、新しくジュネーブ湖畔に邸宅を建てたため古い家を貸し出すことにしたそうです。敷地面積は750平方メートル、建物には11の部屋と体育館、プール、馬小屋などがあり、月額1万9000ユーロ(約255万円)での賃貸となるそうです。


なお、シューマッハの新しい邸宅は敷地面積が2200平方メートル、自動車用のガレージは29台分あり、ヘリポートやサッカーグラウンドも兼ね備えたものになっているとのこと。

・関連記事
南太平洋の美しい島の所有権を約4000万円で購入できるらしい - GIGAZINE

一度でいいから行ってみたい10のプライベート・アイランド - GIGAZINE

世界のトップアスリート20人はどれだけ稼いでいるのか - GIGAZINE

2009年のF1用にトヨタが開発したF1マシン「TF109」の組み立てムービー - GIGAZINE

2008年のF1世界選手権を戦うドライバーたち - GIGAZINE


記事全文へ