ウッズ自身が敗北:Wiiゲーム『タイガーウッズPGA TOUR』

写真拡大

Tracey John


Image: JesseAngelo.com

全米オープンゴルフで残念な結果に終わったばかりのタイガー・ウッズ氏が、6月25日(米国時間)、またも重要な試合で敗北を喫した。Wii版の『タイガーウッズPGA TOUR』シリーズ最新作をプレイしたところ、米NBCの深夜番組の司会を務めるジミー・ファロン氏に敗れたのだ。

世界トップランクのプロゴルファーであるウッズ氏は25日午前、6月にリリースされた『タイガーウッズPGA TOUR 10』のプロモーションとして、タイムズスクエアの真ん中で、ニューヨーカーや旅行者たち、そしてワイアード・ニュースをはじめとするメディアが見守るなか、ファロン氏と3ホールのトーナメントを戦った。


ゲーマーを自認するファロン氏が終始リードし、ウッズ氏は苦闘を続けた。


最終ホールを迎えたとき、ウッズ氏がファロン氏を上回るにはホールインワンが必要だった。米ESPNのアナウンサーは、ウッズ氏がこれまでに19回、ホールインワンを獲得していることを伝えた。


しかし、見事なショットでパーを取ったファロン氏の圧倒的なリードを前に、ウッズ氏は最終ホールを終えることなく負けを認めた。






WIRED NEWS 原文(English)

  • 「名選手の動き」をリアルタイムで体に教えるスーツ2007年11月6日
  • ゴルフの理想的なスイングをリアルタイムで確認できる練習装置2002年9月24日