吉瀬美智子が大和撫子11変化 痛みをこらえる

写真拡大

 女優の吉瀬美智子(34)が、新飲料「DANONE BODY-ism CALCIUM WORKS(ダノン ボディイズム カルシウムワークス)」の発売に合わせ、6月23日に都内で行われたCM発表会イベントに出席。大胆なベアトップのドレスで登場し、身長166センチで均整のとれたスタイルを見せた。

 CM撮影では未来への階段を上るという設定で、高さ5.4メートルと約2階建ての高さまで続く階段を高いヒールの痛みをこらえて何度も上り下り。11通りの未来の姿をイメージした衣装をまとって11変化の美を披露した。

 イベントでは、「30歳を過ぎてから意識している」という食生活や健康についての持論を展開。睡眠、食事、水分補給などに気をつかい、「外見よりもむしろ体の芯から強く美しい『ボーンビューティー』が理想のスタイル」と語った。

 1日あたりのカルシウム目安量の50%を摂取できる新商品にちなんで行われた「カルシウムチェック」診断では、カルシウムを多く含む納豆や青菜を好み、特に「大好き」なわかめと豆腐のみそ汁をよく食べるという和食党の意外な一面を見せた。しかし、結果は30点満点中16.5点で「少し足りない」残念な結果に終わり、「もっと意識しないと」と決意を新たにしていた。新CM「未来階段」篇は、6月30日(火)より放映開始される。

■関連リンク
DANONE BODY-ism CALCIUM WORKS

■関連記事
吉瀬美智子 ブラッディ・マンデイ撮影終了を報告
あのカッパが「愛してる」とメールを打つ時代に
日本のミネラルウォーターの5分の1は輸入品