亀田3兄弟の“秘密兵器”和毅が25日(日本時間26日)、メキシコシティーで前日計量に臨み、一発パス=写真。だが、対戦相手がまさかの計量オーバーにブチ切れた。



 26日(同27日)にメキシコネサアウアルコジョ市サロン・マルベットプラスで、プロ8戦目に臨む和毅は、万全の体勢を整えていた。ところが、相手のアレハンドロ・ドトールがいつまで経っても現れない。90分後にようやく姿を見せたと思いきや57.5キロと契約体重をはるかにオーバー。



 あまりにも不甲斐ない相手に「メキシコでのアクシデントには慣れてるけど、今回の体重オーバーには正直ムカついている。相手選手はプロ意識がなさ過ぎる。相手にこの怒りをぶつけるだけ」と制裁を誓っていた。

【他にはこんな記事も!!】
ハッスル 高田総統「ハッスルよさらばだ!!」
ハッスル フランソワーズがボノくんお仕置き
ノア 秋山「選手と社長の兼任は難しい」

内外タイムスとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!