27日、上海市閔行区で建設中の13階建てマンションが突然倒壊、作業員1人が死亡した。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group/g32853.html">

写真拡大

2009年6月27日、上海市閔行区で建設中の13階建てマンションが突然倒壊、作業員1人が死亡した。中国新聞社が伝えた。
倒壊したマンションは閔行区の「蓮花河畔景苑」。付近の住民によると、早朝6時ごろ雷のような大きな音がしたという。外に出ると雨のなか、大きな土煙が上っているのが見えたと話している。
【その他の写真】
蓮花河畔景苑では前日26日にも長さ83メートルもの洪水対策用の壁が倒壊する事故が起きている。壁を管理する水務部門はマンション工事現場から掘り出された土砂が原因との見方を示したが、施工会社は否定した。同地には同型のマンション7棟があり、現在住民は避難している。(翻訳・編集/KT)
【関連記事】
地震もないのにマンション倒壊=「手抜き工事」との意見が大多数―上海市
<四川大地震>「おから工事」!?学校建築の被害、官庁の4倍以上―四川省
<四川大地震>おから工事が主因?学生の死亡、1万9065人に―中国
取り壊し作業中の高架橋が倒壊、19人死傷=車両22台が下敷きに―湖南省株州市
100トン超の高架橋が倒壊、死傷者28人―浙江省温州市