銃型の「Wiiザッパー」やハンドル型の「Wiiハンドル」など、Wiiの体感要素をさらに盛り上げてくれる周辺機器に、新しい仲間が登場した。その名も「WI-BOWL」。Wii向けのボウリングゲームをよりリアルに楽しむためだけに開発された、球状のボウリングボール型コントローラーだ。

使い方はまず、「WI-BOWL」本体の中にWiiリモコンをセット。3つの穴を指でふさぎ、実際のボウリングのようにリリース動作を行う。これさえあれば、自宅に居ながら、まるでボウリング場にいるかのような臨場感を味わえるわけだ。

しかし、実際のボウリングと決定的に違うのは、ボウリングボールを決してリリースしてはいけないこと。手から離れぬよう、専用のストラップが付属されているほか、メーカーのCTA Digital社も「絶対に手から離さないでください!!」と力強く訴えている。また、「この製品に起因するテレビや家庭用器具の破損、事故などによって生じるどのような損害に対しても、責任はありません」と、かなりの念の押しようだ。

現在発売されているWii向けのボウリングタイトルは、「Wii Sports」(任天堂)、「Brunswick Pro Bowling」(Crave Entertainment)、「Ten Pin Alley 2」(Proton Games)などがあるが、ほかの作品(これから発売される作品も含む)でも「WI-BOWL」は使用できるという。ボウリング好きにとっては、ぜひ手に入れたい周辺機器と言えそうだ。

なお、「WI-BOWL」は任天堂のライセンスは受けていない。