サーカスも無料!銀座がロシアに変身する祭りとは

写真拡大

ロシアの文化・芸術を紹介する「銀座大ロシアまつり」が銀座の11会場で6/22(月)〜28(日)に開催。コンサートやサーカスなど、さまざまなプログラムが用意されている。

他の写真も見る: ボリショイサーカス団のキャストによる人間離れしたパフォーマンス!

中でも銀座松坂屋の「銀座大ロシアまつり〜ロシア物産・民芸・観光展」は、ロシアグッズの販売やライブなど、企画がめじろ押し。ロシアを代表する人気キャラ、チェブラーシカのグッズやマトリョーシカなど、キュートな雑貨が大集合する。黒パンやロシアンティー、ウォッカなどのロシア物産も豊富にそろうので、ロシアをまるごと楽しめそう。旅情報も充実だ。

サーカス「ボリショイ舞台サーカス」がなんと無料で見られるのは時事通信ホール。80年以上の歴史を誇るロシアのサーカス団キャストが6/26(金)・28(日)の2日間、超絶パフォーマンスを披露する。事前予約が必要なので、確認してから行こう。

そのほか、銀座松坂屋でロシア民謡や民族楽器の演奏が聞けたり、「チェブラーシカ」原作者による講演会も開催。イベントいっぱいの大ロシアまつりで、ロシアの文化に触れてみて。【詳細は6/9発売の東京ウォーカーに掲載】

【関連記事】
にわかに盛り上がる「ウサビッチ」って? (東京ウォーカー)
メルギブ、ロシア人恋人と堂々プレミアへ (MovieWalker)
バングラデシュ人が集結する池袋の“カレーフェス”とは (東京ウォーカー)