テルミン:バーチャル体験サイトと、『スーパーマリオ』操作(動画)

写真拡大

Tracey John

米Microsoft社は今年の『E3』で『Project Natal』(日本語版記事)を発表して評判になっているが、「コントローラーのいらないゲーム」は実はすでに存在している。電子楽器のテルミンを使うのだ。

スコットランドのグラスゴーに住む『YouTube』ユーザーの「conquerearth」は、テルミンを使って『スーパーマリオブラザーズ』をプレイする様子を投稿している。

テルミンは、1928年にロシアの発明家Leon Theremin氏が特許を取得した装置で、2本の金属製アンテナで演奏者の手の位置を検知して音を鳴らす。片方の手が周波数を、もう片方の手がボリュームを操作する[Web上でテルミン体験ができる「バーチャル・テルミン」はこちら]。

ちょっとしたハッキングによって、テルミンから発信される電子信号を、『NES』[NES:Nintendo Entertainment System、ファミコンの海外における商品名]のコントローラーにマッピングできるようだ。

「伝統的な訓練を受けた」テルミン奏者が、マリオを操作してレベル1をクリアするビデオを見て欲しい。これで物足りない人は、別のテルミン奏者によるゲームのテーマ音楽の演奏もどうぞ。

以下はまず『スーパーマリオ』。

次に、『ゼルダの伝説

[Wiiリモコンを「テルミン」に変える装置についての日本語版過去記事はこちら]


WIRED NEWS 原文(English)


  • 「Wiiテルミン」で『スタートレック』を演奏:動画2008年11月28日
  • 何に触っても音が生まれる『Drawdio』(動画)2009年5月1日
  • レーザー光線を「弦」に:空中の手の動きで演奏する楽器『beamz』2008年4月9日
  • MSの画期的な『Project Natal』と、「バーチャル少年マイロ」2009年6月5日
  • 最新「ゲーム予告動画」ベスト92009年6月12日
  • あらゆる表面を入力デバイス化:ケータイにも活用可能2009年5月7日