小倉:師匠に対して…

写真拡大

   <テレビウォッチ>元関脇・高見山の東関親方が45年の相撲人生を締めくくる、昨日(6月15日)は「定年の日」。番組は、その「最後の稽古」の一幕を……


   いつもの3時間に及ぶけいこが終わって、締めくくりに『東関部屋十の心』を皆で唱和した後、親方が部屋頭の小結・高見盛をはじめ弟子たちにひと言声を……

   それに応えて高見盛は「うまく言葉に出せないですね。色々あり過ぎて」に、横にいた親方が高見盛の頭をコチン。

   親方は、これから「本名」の『渡辺大五郎』に戻るが、「渡辺さんかナベさんって呼んでくれ」に、高見盛は「(渡辺さんは)滅茶めちゃ呼びづらい。やっぱり師匠ということで勘弁して下さい。師匠!」

   笠井アナが「渡辺さんと呼べますかね」に、キャスターの小倉も「師匠に対して、ナベちゃんとか渡辺さんで呼びづらいね〜」。

   45年前、外国人力士の先駆けとして相撲人生をスタートした東関親方だが、日本の習慣になじめずホームシックになった駆け出し時代も。

   それが今や相撲界は外国人力士全盛時代。何かというとすぐ国に帰る外国人横綱も。喜ぶべきか、悲しむべきか……

モンブラン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
コアラのマーチとコラボした「コアラのマーチの天気予報」が4月24日オープン!
J-CASTニュースメルマガも5月から配信中!