「友達の友達」がアルカイダであると宣った鳩山大臣が更迭された。自民党の右往左往も、都市伝説化しそうな気配だ。
それにしても、「友達の友達」という微妙な関係から発信される物語には、こうも伝播力があるのだろうか?

“口述の歴史”あるいは“擬似的な歴史”と呼ばれる都市伝説は、大概「友達の友達の話だけど」ないしは「友達の親戚の話だけど」で始まる。目の前の友達が言うところの「友達の友達」や「友達の親戚」は、具体的に誰かなどと突っ込んでいくのは無粋というものだ。ましてや、逢わせてくれなんて言おうものなら、空気のよめない奴とレッテルを貼られるに違いない。

そこで、友達が言うところの「友達の友達」や「友達の親戚」の数を計算してみたい。
まず、1人の社会人が「友達ないしは知ってる」と言えるヒトの数は、どれくらいか考えてみる。それを知るため、手っ取り早いのは、携帯電話の電話帳登録数だろう。

『あなたの携帯電話の電話帳には、現在何件登録がありますか?』
0~100件未満……32.0%
100~200件未満……35.0%
200~300件未満……20.8%
300~400件未満……7.8%
400~500件未満……2.8%
500~600件未満……1.0%
600~700件未満……0.4%
700件以上……0.2%
※エスカーラ読者の女子500人によるアンケート結果より

300件未満に約90%が集中する。
男女も含めた平均数は、150〜200人に収まるだろう。
そこで、1人あたり200人くらいが、噂話の引き合いに出せる「友達ないしは知り合い」と想定すると・・・
友達が言うところの友達の友達は、200×200×200=800万人である。
それに、4親等までの親戚数を掛け合わせると・・・きっと日本の人口を超える。

要するに、友達が言うところの「友達の友達」や「友達の親戚」を合わせると、この日本の全部なのである。日本でヒトが巻き起こしているすべてが、「友達の友達」や「友達の親戚」という想定で語り尽くせるというわけだ。

続きはこちら