前回は「見える化」の正しいやり方のポイントについて「計るだけダイエット」を例にとり説明しました。
今回は特に企業における全社コスト削減活動や業務改革における「見える化」の正しいやり方について述べます。

前回は「見える化」の正しいやり方のポイントについて
「計るだけダイエット」を例にとり説明しました。

「見える化」のポイントは
1.比較する
2.意識する
3.管理する の三点です。

今回は特に企業における全社コスト削減活動や業務改革における
「見える化」の正しいやり方について述べたいと思います。

昨今の経済不況下、多くの企業が「全社コスト削減」に取り組んでいます。
多くの企業の場合、コスト削減は「人件費」「原材料費」「経費」の
3つに分けてターゲットを設定し取り組んでいます。
このような局面では所謂クイックヒットではないのですが
短期間で如何に収益を出していくかということが求められます。
短期間で収益を稼ぐ=短期間でコスト削減を行うことを考えると
多くの企業で「経費」削減が注目されます。

何故なら「人件費」「原材料費」は短期的な取り組みでは
コスト削減がなかなか難しいからです。
「経費」は固定費と思われがちですが、
短期的なコスト削減の取組みで一番効果的なのは「使わない」ことです。

「経費」は使わないことが可能な費用であり、
短期的なコスト削減に効果的であることから、
自然と「経費」削減に企業が目を向けるのです。

それでは「経費」のコスト削減のコツとは何でしょうか?
それが「見える化」なのです。

我々は多くの企業で全社のコスト削減活動を支援してきました。
その経験を踏まえて言うならば、
全社コスト削減活動で社員やサプライヤに無理や苦をしいる取組みは
上手くいかないということです。
全社コスト削減活動で成功している多くの事例は
「無駄な支出の排除」から始まり、
「交渉による契約の見直し」を並行して行い、

続きはこちら