2009年6月12日、健康時報は記事「漢方医が語る:はげ、薄毛は過剰な性生活とは無関係」を掲載した。伝統医学では性交渉ははげや薄毛をもたらすとされてきたが、誤った考え方だという。写真は成都市の家具店が販売した性交渉補助機能付ベッド。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group/g32381.html">

写真拡大

2009年6月12日、健康時報は記事「漢方医が語る:はげ、薄毛は過剰な性生活とは無関係」を掲載した。
中国の伝統医学では、性交渉の回数が多すぎると血や腎臓から精気が抜けてしまい、男性の場合は頭髪が抜けたり、薄くなると説明されている。しかし著名な漢方医であり中華中医薬学会男性科分会常務委員でもある董協良(ドン・シエリャン)教授によると、これは誤った考え方。短期的に髪の毛が抜けることはあっても、その後再び生えてくるためはげや薄毛の原因にはならないという。
【その他の写真】
そうはいっても、中国での通説によると、過剰な回数の性交渉が健康によくないのも事実。通常の場合、性生活は心を愉快にし翌日の精神を活発にする。しかし過剰な性生活の場合には体から力が抜け寝汗や冷や汗をかくなどの状態になる。(翻訳・編集/KT)
【関連記事】
「成人保健用品」市場、7200億円規模に=性生活の向上に関心深まる―中国
<調査>「性生活に満足」は女性のわずか14%―中国
<調査>日中韓国民は性生活に不満、日本は最下位―アジア・太平洋
白人女性が見た中国男性、「垢抜けない」「汚い」「下手」―上海市
西洋女性から見た中国男性は「精神的なインポテンツ」、大学教授が指摘―中国