要所を締める試合運びでシウバを退けたフランクリンが勝利。6年にも渡って参戦するUFCでは15戦目の戦いであった

写真拡大 (全8枚)

6月13日(土・現地時間)、ドイツのヴェストファーレン州ケルンにある同国最大規模の屋内競技場、ランクセス・アリーナでは、UFC99『THE COMEBACK』が開催された。

その大会名が示す通り、メインイベントでは、ヴァンダレイ・シウバ×リッチ・フランクリンによるトップ戦線へのカンバックを賭けた一戦が、また、UFC1勝2敗で一度はオクタゴン撤退を決めた元PRIDE無差別級王座ミルコ・クロコップに加え、かつてはUFCを舞台にBJ・ペン、ジェンス・パルバーらと激闘を繰り広げた“総合格闘技界のパイオニア”宇野薫が、UFCへとカンバックを果たした。

日本から注目を集めた、5年8ヶ月振りの復帰となる宇野は第8試合に出場。だが、スペンシャー・フィッシャーを相手に何度となくテイクダウンを仕掛けるも、ほとんどのタックルはきられ、徐々に打撃を被弾する苦しい展開に。3Rの終盤こそマウントを奪い、ヒジ打ちやパウンドを繰り出したが、試合は判定3-0で敗北を喫した。

また、ドイツ大会のメインは、3Rを戦い抜き、3-0ながらも僅差の判定でフランクリンが勝利を挙げ、シウバを振りきり上位戦線へと踏みとどまった。その一方で、こちらも復帰組の一人となったミルコは、英国のグラップラー、ムスタファ・アルトゥルクから僅か3分強でのTKO勝利。終盤、ミルコのサミングがレフェリーに流される場面もあったが、試合はミルコが怒涛のワンツーを叩き込んで決着、1年9ヶ月振りとなるUFC2勝目を挙げた。

その他にも、MMA戦績5勝0敗で、うちUFCでは3勝という新鋭ケイン・ベラスケスが、ミルコを破っているフランスのストライカー=チーク・カンゴを判定で下し、戦前のインタビューでは舌戦を繰り広げたアイルランド系ファイター=マーカス・デイビスと英国在住のダン・ハーディによるウェルター級戦はハーディが判定勝利を挙げ、UFC参戦後は負けなしの3連勝を達成している。

■関連リンク
ミルコ復帰!! ヴァンダレイ・シウバの復活は?
宇野薫、5年8ヶ月ぶりのオクタゴンヘ待ったなし

<UFC99 THE COMEBACK 全試合結果>

第12試合 ライトヘビー級/5分3R
×ヴァンダレイ・シウバ
(ブラジル)
3R終了
判定
詳細はコチラ
リッチ・フランクリン○
(米国)
第11試合 ヘビー級/5分3R
×チーク・カンゴ
(フランス)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ケイン・ベラスケス○
(米国)
第10試合 ヘビー級/5分3R
○ミルコ・クロコップ
(クロアチア)
1R3分8秒
TKO
詳細はコチラ
ムスタファ・アルトゥルク×
(英国)
第9試合 ミドル級/5分3R
○マイク・スウィック
(米国)
2R2分47秒
TKO
詳細はコチラ
ベン・サンダース×
(米国)
第8試合 ライト級/5分3R
○スペンシャー・フィッシャー
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
宇野薫×
(日本)
第7試合 ウェルター級/5分3R
×マーカス・デイビス
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ダン・ハーディ○
(英国)
第6試合 ライト級/5分3R
○テリー・エティン
(英国)
2R2分38秒
リアネイキドチョーク
ジャスティン・ブショールス×
(米国)
第5試合 ライト級/5分3R
○デニス・シバー
(ドイツ)
1R3分23秒
リアネイキドチョーク
デール・ハット×
(米国)
第4試合 ウェルター級/5分3R
○ポール・テイラー
(英国)
3R終了
判定
ペーター・ゾボタ×
(ドイツ)
第3試合 ライト級/5分3R
○ポール・ケリー
(英国)
3R終了
判定
ロナルド・デルガド×
(米国)
第2試合 ヘビー級/5分3R
○ステファン・シュトゥルーフ
(オランダ)
2R2分37秒
リアネイキドチョーク
デニス・ストニッチ×
(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
第1試合 ウェルター級/5分3R
○ジョン・ハサウェイ
(英国)
3R終了
判定
リック・ストーリー×
(英国)