人は意識的か無意識的かは別として、ある一部の事柄については自ら考えることを放棄し、他者の思考に依存している。この現象を以下では“思考のアウトソーシング”と呼ぶ。思考のアウトソーシングは決して珍しいことではなく、人々が日常的に行っていることだが、いくつかの事例を通じて、そこに内在する問題と留意すべき点について考えてみたい。

あなたが自ら思考しているといえることはどれくらいあるだろうか。また、何を

自ら思考するものとして選択しているだろうか。

人は意識的か無意識的かは別として、ある一部の事柄については自ら考えること

を放棄し、他者の思考に依存している。

この現象を以下では“思考のアウトソーシング”と呼ぶ。思考のアウトソーシン

グは決して珍しいことではなく、人々が日常的に行っていることだが、いくつか

の事例を通じて、そこに内在する問題と留意すべき点について考えてみたい。
 

まずは多くの企業でよく見受けられる、役割志向や効率化・労力削減を目的と

して推進されてきた機能分化に関わる、思考のアウトソーシングを取り上げてみ

たい。

経営者が自社の生き残りをかけて、自社にはどのような経営課題があり、何を解

決すべきかなどについて考えることは当然といえる。では、その他の社員はどう

だろうか。多くの企業を訪問した際に違和感を覚えるのは、管理者クラスとやり

取りしていても彼らの興味の範囲が自身の担当業務や組織に限定されており、ビ

ジネスについて語ろうとしない、訊こうとしないということだ。どんな経営者も

所詮は数社の経営しか経験していない、まして現在のような世界的な不況時代を

乗り切った経験を持つ経営者はほとんどいない。そのような中で、管理職クラス

が自社の経営層の環境認識や打ち出される方針を鵜呑みにして、ただ粛々と自身

の担当業務を遂行しているだけでよいのだろうか。



続きはこちら