2009年6月12日にWHOより新型インフルエンザにおける「フェーズ6」が宣言されました。インフルエンザによるパンデミック発生は、1968年の香港風邪以来で41年ぶりだそうです。

昨年末から紹介してきた「新型インフルエンザ対策」ですが、とうとうWHOにより「フェーズ6」(パンデミック:世界的蔓延状態)が宣言されることになりました。

新型インフルエンザ対策の実務を支援する中で日々感じていることですが、危機意識の醸成は本人のリスク感覚(センス)に拠るところが大きく、経営者の危機意識の差が、そのまま企業の事業継続性の差になるのではないかという点だけを危惧しています。

尚、厚生労働省の基準では、日本国内での「蔓延」が確認されていないとされていますので「フェーズ6A」ということになりますが、「フェーズ6B(国内での蔓延)」も時間の問題かもしれません。

※厚生労働省の説明
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/pdf/03-01-6a.pdf

実際には国内での蔓延が確認された段階で様々な行動面での影響が出てくることになりますが、現在気になることは、国内ニュースのテンションが上がれば過剰反応が起き、国内ニュースのテンションが上がらなければ新型インフルエンザの蔓延が先に発生して予防が遅れることになるかもしれず、各種報道と個々人の行動・対策のバランスが取れない状態が数ヶ月続くのではないかということです。

また、都内での集団感染が発見されにくい背景としては、診療所や個人開業医院レベルでは、検査キットが不足しており、発熱で通院しても新型インフルエンザの感染検査は実施されていないようです。これがそもそもの原因であり、いきなりの感染拡大を生む土壌となるかもしれません。


続きはこちら