〜高度成長からバブルを駆け抜け、さらなる未来へ〜
1980年〜90年台にかけての日本経済のバブルが膨れ上がって破裂前後の頃の、筆者のドロドロの商社マン生活の実体験をベースに、小説化しました。 今も昔も変わらない営業マンの経験する予想を超えた苦楽物語を、特に若手営業マンに対して捧げる応援メッセージとして書きました。


第二章 一人前への長い道のり




お客様と会話をするきっかけを作ることが如何に難しいのかを
初めて認識した宮田だった。


< こんなん、虫けらあつかいやんけ・・・ >


宮田は、マイクからマーケティングの重要性を説かれたことも
あって、マーケティングの本を買って読んでいた。

その中にAIDMA理論というのがあったことを思い出していた。

この理論は、購買決定プロセスにおける消費者の行動心理を表した
もので、それぞれの心理の頭文字をとってAIDMA(アイドマ)
と呼んでいた。


A : Attention (注目)
I : Interest(興味)
D : Desire(欲望)
M : Memory(記憶)
A : Action(行動)


宮田は、峰山課長のInteres(興味)を引くどころか、Attention
(注目)さえも持ってもらえなかったことに情けなくなった。

結局、その後カタログを手にぶらぶらと事務所を歩き回り、資材部
にも顔を出したが、誰一人としてまともに取り扱ってくれない。

それどころか目を合わせてさえくれない。
まるで厄介者が近づいてくるかのように追い払われる自分に、
さすがに宮田も、何でこうなのだろうと思うと悲しくなった。

大学を出て大志を抱いて上京し、入った商社なのに、なんでこんな
ことをしなくてはならないのだろうと自問自答していた。


< 海外取引やったらこんな地味な売り込みせんでもえーんやで。
  きっと。 もっと格好ええのんとちゃうんか? >


国内営業の担当を言い渡されて、本当にがっかりだった。


「ばっきゃろー!。それだけか? 俺への伝言を取るためだけに

続きはこちら