南明奈 (C)「いちごゼミナール」プロジェクト2009
 6月15日より毎週月曜日に配信される、LISMOオリジナルドラマ「いちごゼミナール」。映画界やCMで活躍中の個性派監督・石井克人監督が手掛けた学園コメディドラマで、菊地凛子、池脇千鶴、我修院達也、津田寛治など個性的なキャストが集結している。今回、本作の中で学園のマドンナ“マドンナアキナ”を演じた南明奈に作品への思いを語ってもらった。

――自分と同じ名前のマドンナ役を演じていかがでしたか?

南明奈:(以下、南):照れます(笑)。「マドンナアキナです」って自己紹介をするときはすごく恥ずかしいです。マドンナって言っても、みんなに優しいマドンナなのか、男の人にだけ優しい小悪魔的なマドンナなのか、最後まで決められなくて、いろいろなのが混ざっちゃって、最後までフワフワしてました。

――10代最後の制服姿披露ですね。

南明奈:今気付きました。わ、貴重! これからもしばらくは制服を着る仕事もあると思うけど、こんなに変わってるデザインのは無いと思います(笑)。

――南さん自身は、どんな高校生でしたか?

南明奈:とりあえず、マドンナじゃないです。一匹狼だったかも。女の子って、トイレに集団で行くけど、そういうのが嫌いだったから。体育館に移動するのも一人で行きたいタイプだったし。あ、友だちがいないわけじゃないですよ(笑)。

――委員長役の菊地凛子さんとは初共演ですね。

南明奈:勝手に、クールな人だというイメージをもっていたら、すごくマイペースな、のほほんとした方でした。気さくに話しかけてくださって、素敵な女性だなって。アドリブは、私は自分からはあまり入っていけなかったので、菊地さんがリードしてくれて助かりました。

――5人の先生について、一言ずつ感想をお願いします。

南明奈:英語の津田先生は、5人のなかではいちばん熱くていちばんまとも。教頭先生は、見た目、しゃべり方、動き方、すべてがツボで、笑いをこらえるのに必死でした。池脇さん(イチコ先生)は、かわいいなあってみとれちゃいました。田中先生は、クールな刑事役のイメージが強かったので、こういうのもやるんだ! って驚きました。音楽の我修院先生は、年上の方にこんな言い方は失礼ですけど、声とかしゃべり方が可愛いです。みなさんに共通するのは、こんな先生がいたら楽しいだろうなあってところ。ただ、このゼミナールは、人間については学べそうですけど、成績は絶対にあがらない気がします(笑)。

――最後に「いちごゼミナール」をこれからご覧になる皆さんへメッセージをお願いします。

南明奈:個性豊かなキャラクターばかりの、本当に楽しいドラマになっています。ちょっと落ち込んだりしちゃったときは、いつでもどこでもケータイでこれを観て、たくさん笑って元気になっちゃってください!

「いちごゼミナール」ストーリー
経験豊かで多彩な教師陣がウリの学校「いちごゼミナール」。授業はどれも濃くて深いが、ためになっているかどうかは、微妙である。自分勝手で暴走気味の教師たちの熱いレクチャーを、個性豊かな生徒たちがボケたおす、癖になる味がする、前代未聞の学園コメディドラマである!

配信期間:6月15日〜7月6日 毎週月曜日、約5分間のドラマを「LISMO Channel」にて配信(全4回)  
情報料:無料

■関連リンク
「いちごゼミナール」 - 公式サイト
南明奈 - タレント情報

■関連記事
南明奈が学園のマドンナに(2009年06月03日)
くりぃむ“ハリウッド進出” 南明奈を「捜査官」に任命(2008年04月01日)
アッキーナ初MC、アイドル12名が水着姿でマジバトル(2008年01月20日)