アメリカに住む11歳の天才少年の発言に、2ちゃんねるで批判が集中している。彼は8歳でイーストロサンゼルス大学に入学し、数学と科学で年上のクラスメートに指導するほどの学力を発揮、そして今年、11歳で大学を卒業した。学問だけでなく武術においても世界大会で勝利する実力を持ち、まさしく文武両道の天才少年だ。

 そんな天才少年に、批判が集中している理由、彼がテレビゲームに関して「テレビゲームをプレイするのは、人類にとってなんの助けにもならないので時間の無駄だと感じます」と語ったからだ。2ちゃんねるのまとめサイト「痛いニュース」では9日9時30分現在、5991件ものコメントが付き、最近では最も多い数のコメントとなった。

 彼に対しては、「11歳で何がわかる 」「そりゃ暇つぶしのためのゲームなんだから当たり前だろ、何言ってるんだ」「楽しんでやってるんだから無駄じゃねーだろ」など批判のコメントが多数寄せられている。一方、「お前ら認めようよ 少なくとも無駄とまでは行かなくても有益ではなかったろ?あのゲームやってた時間は」といったコメントもあった。

■関連記事
YouTubeで発見 13歳の天才少年ピアニスト
ゲーム業界初の「乙女ゲーム・オブ・ザ・イヤー2007」
アクセスしてもらうことで街が発展するゲームが人気