コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、優れたコンシューマーゲーム作品に与える『日本ゲーム大賞2009』の「年間作品部門」について、一般投票を受け付けている。締め切りは7月24日。Webサイトと携帯サイトから、またはハガキを使って投票できる。

対象は、2008年4月1日から2009年3月31日の間に国内でリリースされた全作品。家庭用ゲーム機、携帯型ゲーム機、パソコン、携帯電話など、プラットフォームの種類は問わない。また、投票資格も、ゲームの経験および所有の有無は問わない。ただし、1人1回1作品のみのとする。

一般投票の後、「日本ゲーム大賞選考委員会」(委員長:養老孟司東京大学名誉教授)による最終選考会を経て「大賞」「優秀賞」「グローバル賞」「ベストセールス賞」の各受賞作品を決定する。発表授賞式は『東京ゲームショウ2009』会場内イベントステージで9月24日開催する。なお、一般投票の結果は非公表。

投票者の中から抽選で、20万円分の旅行券(1人)、『PLAYSTATION3』『PlayStation Portable』『Wii』『ニンテンドーDSi』『Xbox360』各1台(計5人)、年間作品部門受賞ソフトまたは関連グッズ(計100人)、「東京ゲームショウ2009」入場券(100組200人)をプレゼントする。また、発表授賞式に100組200人を招待する。日本ゲーム大賞は今年で13回目を迎える。

  • 男性の方が「ゲームによる快感」が強い:fMRIで脳を分析2008年2月8日
  • 久夛良木健氏に続け! ゲーム業界重役『迷言大賞』は誰の手に?2007年12月19日
  • 『東京ゲームショウ』のコスプレーヤーたち:画像ギャラリー2008年10月24日