千代大海 強制引退の土俵際
 大相撲・大関の千代大海に名古屋場所後に引退勧告。夏場所千秋楽で関脇・把瑠都を破り奇跡ともいえる大関カド番脱出を決めた千代大海だが、この一番が審判部によって「敢闘精神に欠ける無気力相撲」と指摘された。



 さらに横綱審議委員会の内館牧子さんからも「13回も大関カド番を迎え、恥とは思わないのか。大関はただ地位にしがみついていればいいってもんじゃないでしょう」と酷評された。



 大関在位62場所という大記録を更新した千代大海だが、その風当たりは相当に強い。八百長論がいぜんウズ巻く相撲界にとっては“目の上のタンコブ”であり火薬庫にも成り得る最弱大関に対して最後の切り札を抜かざるを得ないだろう。

 名古屋場所で例え勝ち越しても、内容次第では強制引退の声が内・外部から起こるのは必至だ。「ウミは早く出した方がいい」と極論する声も関係者から出ており、千代大海は土俵際いっぱいに押し込まれた。

【他にはこんな記事も!!】
もう我慢の限界!? 真弓監督の強制休養説が浮上
ロッテ里崎が“空振り三振”したチアリーダーとの夜
策に溺れ、どツボにはまった野村監督

内外タイムスとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!