事業計画書の「資本政策」

こんにちは、経営コンサルタントの入野です。

本日の事業計画書の書き方は
「資本政策」について解説します。



【事業計画書での位置づけ】

    1. エグゼクティブサマリー
    2. 事業立ち上げの経緯
    3. マネジメントチーム
    4. 会社概要
    5. 経営理念・事業理念
    6. 商品・サービスの概要
    7. 儲けの仕組み
    8. 市場および競合の分析
    9. マーケティングと販売戦略
    10. オペレーション計画
    11. 人事戦略
    12. 立ち上げ戦術
    13. 成長戦略
    14. 出口戦略
    15. 財務計画: 売上予測、コスト計画、資金繰り予測、★ 資本政策 ★
    16. リスク管理
    17. プロジェクト管理



初級者によくある間違い
==========================================================================



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  ストックオプションでモチベーションが上がると思っている
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

役員や従業員にストックオプションを与えることによって
会社への経営参画意識や貢献意欲を高めようとするケースがありますが、
あまり効果はありません。

理由は

■ 最近は個人的に株式投資の経験があるスタッフも多いので、
  ベンチャーの株価は期待するほど大きくは上がらず、
  大部分のストックオプションは「紙屑に近い給料のオマケ」という実態がバレているから。

■ IPO前よりもIPO後の方が本当に会社が成長しなければいけないフェーズです。
  ところが、IPO後にストックオプションを行使すると、
  「なんだか一区切り」したような脱力感が強く出たり、
  せっかく中心選手になったスタッフが財務的なexitとともに退職してしまうから。

本来はストックオプションに頼らず、

続きはこちら