10代から30代の若者を対象にした調査で、テレビゲームをする時間が従来より減少し、反面ケータイのネット利用が増加傾向にあることが明らかになった。

モバイルリサーチを展開するネットエイジア株式会社は、モバイルとパソコンのネット利用についての調査を行い、その結果を発表した。

調査は携帯電話によるインターネットリサーチにより実施し、10代から30代の男女計1272名から回答を得た。調査はまず、ここ1年の間で、「モバイルでネットをする時間」「パソコンでネットをする時間」「テレビの視聴時間」「雑誌を読む時間」「テレビゲームをする時間」の各項目に費やす時間の増減を尋ねた。

その結果、テレビゲームをする時間は「増えた」が11.3%であるのに対し、「減った」は38.1%となり、全体の約4割がテレビゲームに費やす時間を減らしていることがわかる。また、テレビを見る時間も「増えた」が16.5%であるのに対し、「減った」は37.1%となり、テレビゲームと同様に減少した人が多いという傾向が見られた。

一方、モバイルでネットをする時間は「増えた」が46.1%で、「減った」は7.3%となり、増加が減少を40ポイント近く上回った。全体の約半数がケータイでネットを利用する時間が増加しているということがわかった。

調査はまた、平日にプライベートでのネット利用についても尋ねた。ケータイやパソコンを通じてインターネットを利用している時間を自由回答形式で尋ねたところ、1日30分以上ネットをしている回答者が、モバイルにおいては58.8%、パソコンでは62.8%となり、どちらも6割程度になることがわかった。また、ネットの利用時間の平均はモバイルでは60.1分、パソコンが59.8分となった。

さらに、モバイルのネットにおいてよく利用するサイトのジャンルについて複数回答形式で聞いたところ、トップは「ニュース・天気予報」が67.5%となり、以下「着メロ・着うた・着うたフル」が57.9%、「googleやYahoo!などの検索サイト」が48.0%などとなっている。

一方、パソコンのネットにおいてよく利用するジャンルは、ケータイとは異なる結果となり、1位が「検索サイト」で63.4%であった。次いで「ニュース・天気予報」が52.2%、「ネットショッピング・オークション」が35.3%という結果となった。

ネットの利用は平均1時間ということだ。貴方は平均でどのくらい利用しているだろうか。調査結果の詳細はa href="http://www.mobile-marketing.jp/report_list/" target="_blank">ネットエイジアのホームページまたはモバイルマーケティング.jpにて公開されている。
(TechinsightJapan編集部 鈴木亮介)

【関連記事】
2割がケータイ依存自覚
着信音の使い分け、20代女性はマメ10代女性は無頓着
女性は「好み」、男性は「実用性」ケータイ待ち受け実態
ワンセグは10代・30代男性から支持ケータイの利用コンテンツに関する実態
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!

【参照】
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=40219