新施設が続々!進化する“高尾山”の魅力

写真拡大

ミシュラン三ツ星獲得以来、人気が高まる一方の“高尾山”。若者の間で登山がブームになるなど、ますます登山者の増加が期待されている。高尾山では、新施設やリニューアルの施設が立て続けに生まれ、ますます便利に楽しめる場所へと変化。まさに今が旬の高尾山の、新しい魅力を紹介しよう。

他の写真も見る: 地場グルメも魅力のひとつ。「キッチンむささび」【ほか高尾山写真】

高尾山と言えば、清滝駅から高尾山駅間の約1kmを5分程度で結ぶ「高尾登山電鉄ケーブルカー」。そのケーブルカーが40年ぶりにリフレッシュし、窓が大きくなって登場! 「あおば号」、「もみじ号」と名づけられた2台の新型車両は、外の景色をよりダイナミックに楽しめる。

また、足湯を楽しめる新スポットも。注文を受けてから生地を伸ばす窯焼きピッツァが自慢のレストラン「高尾山ふもとや」が今年3/5にリニューアル、木々を見渡す足湯(200円/30分、土日祝200円/20分)を新設した。約40度に保たれ、オゾンで循環殺菌をする足湯は、リラックス効果抜群。人気のイタリアンジェラート(シングル300円)もオススメだ。

絶景を眺めながらランチブッフェが食べられるのは「キッチンむささび」。高尾山の展望台に期間限定でオープンした同店は、2350円、時間制限なしで地場グルメが楽しめる。朝採りの野菜をはじめ、八王子産の食材をふんだんに使った料理は本格派のおいしさ。自分で作るセルフクッキングコーナーもユニーク。

新しいスポットがいっぱいの高尾山。緑いっぱいの大自然を堪能してみては。【東京ウォーカー】

【関連記事】
ハート形の湖も!自然が生んだ奇跡の“珍百景” (北海道ウォーカー)
駅徒歩2分で大自然!23区唯一の渓谷とは? (東京ウォーカー)
都心に“屋上庭園”が急増しているワケ (東京ウォーカー)
埼玉県秩父郡長瀞で川下りと天然のカキ氷【山口日記のココトリ。】 (シュシュ)
絶景に感激!高尾山にブッフェレストランがオープン (東京ウォーカー)