残業で飲みに行けない日の夜の飲み物。

最近、私は「キリンフリー」です。

ラフな企画・アイディア出しの時は、
固い頭を緩めるために(笑)、軽く飲みながら
夜なべ仕事をすることもありますが・・・

しかし、細かい数字を見なければならない
データ分析作業などの時には飲むわけにはいきません!

「それでも飲みたいよ・・・うー」

という気分を紛らわしたい。

そこで、キリン・フリー。


まさにあるようでなかった製品、
こんなの欲しかったよ、という製品です。

キリン・フリーは、発売当初から売れ行き好調。
定番化の道を進んでいますね。

いち消費者の感想として、
私がなぜキリン・フリーを選ぶのか。

理由は2つあります。

1.味が良い

これまでも低アルコール飲料(アルコール度数1%程度)を
あれこれ試してみましたが、どれもあまりおいしくない。

キリン・フリーも、まあ酸化したビールのような味

ビールと単純比較してはいけませんが、
なかなかいけるじゃん、と思える味です。

意外にクセになります。

苦味が少ないので、
ビールが苦手な女性にも飲みやすいようですね。

見た目の色、泡のたち具合なんかも、
ビールそっくりで、従来の類似品とは明らかに違います。

アルコールゼロなのに、
心持ち酔った気分になるのが不思議です。


2.ローカロリー

キリンフリーはカロリーオフ。

ミネラルウォーターやお茶系飲料じゃものたりない。
かといってジュースなどの清涼飲料はカロリーが気になる。
甘いモノは飲みたくないし。

キリン・フリーは、
ビールのような飲みごたえがありつつ、
カロリーが低いので躊躇なくゴクゴク飲める。

メタボが気になる人、ダイエット中の人にも
受け入れられやすい製品でしょう。


さてキリンさんによれば、

「高速道路でも飲めるビールテイスト飲料」

というコンセプトで開発されたようですが、
こんな「スキマニーズ」でこれだけ売れるはずは
ありません。

結果的に、ノンカスタマー(非顧客)に焦点を定める

続きはこちら