E3で任天堂より「マリオ」シリーズの最新作2本が発表された。現在世界でトップの座にいるWiiだが、同社の携帯ゲーム機DSほどの勢いがつかない中、マリオを投入する事でここからの加速を狙う。

今回発表されたのは「スーパーマリオギャラクシー2」と「NewスーパーマリオブラザーズWii」の2本。「スーパーマリオギャラクシー2」の方は公開された映像から、グラフィイク面での進化は特に見られず驚きはなかった。「NewスーパーマリオブラザーズWii」は、以前にニンテンドーDSで発売された「Newスーパーマリオブラザーズ」をWiiに持ってきて、2人同時プレイができたり、新しい変身が増えていたりと新要素はあったものの、こちらも見た目の驚きはないだろう。

ただ、任天堂のゲームは見た目で驚くものではなく、実際に触って楽しさがわかるものが多い。本来ゲームの本質とはそこにあるわけだが、現在それが実行できているゲームが少ない。自分の操作がダイレクトに反応するアクションゲームは、ちょっとした時間に遊ぼうという人には丁度良い。もちろん全てのユーザーがこれらに当てはまるとは言わないが、今やお手軽に遊べる携帯機が売れている時代。手軽に遊べるアクションゲームに強いメーカーは、やはり有利となるのではないだろうか。

今回の発表では驚きこそなかったものの、任天堂の堅実さが強みでもある事が証明された。

(TechinsightJapan編集部 林 裕之)

【関連記事】
PSPgo、あなたは欲しい?
「FFXIII」も発売間近か? PS3で「FFXIV」が発売決定
小島批判炸裂! PS3ユーザー怒りの声
ゲームに有名芸能人はいらない?
DSとPS2にエヴァ登場

-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!