ソニーが新型PSP公開、日米欧アジアにて2009年秋発売!

写真拡大

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、PSPの新モデルPSP「プレイステーション・ポータブル」go(PSP-N1000)を発売することを明らかにした。北米・欧州・アジア地域で10月1日よりUS$249、また日本では11月1日より希望小売価格26,800円(税込)にて順次発売される予定。

『PSPgo』ではUMDドライブに代わり大容量のフラッシュメモリ(16GB)を搭載、初代PSPの半分の大きさで4割の軽量化を実現しているという。気になる各種コンテンツのダウンロード方法だが、従来のPSPからの直接アクセスまたはPS3経由でのダウンロードに加え、『PSPgo』同梱のCD-ROMに収録されたコンテンツ管理ソフトウェア「Media Go」をPCにインストールすることで、PC経由でもダウンロードできるようになる。

ss01.jpg ss02.jpg ss03.jpg

▲ピアノ・ブラック

また、ディスプレイ画面は上下に動かすスライド式デザインへと変更された。他にも、ゲームを一時的に中断した状態でもXMB(クロスメディアバー)上で各種操作が行える『PSPgo』独自のスリープ機能や、Bluetooth無線機能に対応したことによりBluetooth規格のヘッドホンやヘッドセットが利用できるほか、専用ケーブルを用いてテレビに映像を出力する際、PS3のワイヤレスコントローラを使って遠隔操作することができる。

ss04.jpg ss05.jpg

▲パール・ホワイト

さらに、今秋よりPSP版の提供を開始する音楽アプリケーション「SensMe channels」(仮称)を使用すると、「Media Go」で音楽CD等から取り込みPSPに転送した楽曲を独自の解析技術を用い、「リラックス」「ダンス」「アップビート」などのチャンネルに自動的に分類してくれる。これにより、ユーザーはリッチなインターフェイス上で音楽を視聴可能になる。

ss06.jpg ss07.jpg ss08.jpg ss09.jpg

▲「Media Go」                        ▲「SensMe channels」

SCEによれば、今後『PSPgo』の発売に向け「PlayStationStore」のラインアップをソフトウェアメーカー各社と協力して拡充していくとのこと。最新のダウンロードゲームや無料体験版、初代PSのタイトルが遊べる「ゲームアーカイブス」などのタイトルがさらに増えていくのは嬉しい限りだ。なお、『PSPgo』が発売された後もUMDドライブを用いたソフトの販売は行っていくようなので、完全にこちらに移行するというわけではなく、あくまでユーザーの選択肢が広がったと考えるのが妥当だろう。しかしながら、今後ネットワーク経由でのダウンロード販売という形に徐々にシフトしていくことは間違いなさそうだ。

© 2009 Sony Computer Entertainment Inc.All rights reserved.