ユニクロを傘下に持つファーストリテイリング社の「g.u.(ジーユー)」ブランドの戦略が加速している。その影で主力のユニクロを同社はどう動かすのか。

「ケタ違い宣言」であるという。
今年3月に「ジーユー新価格宣言」として象徴的に990円ジーンズを掲げて、従来の価格戦略からさらなる低価格に舵を切ったジーユー。旧価格はユニクロの3分の2程度。正直中途半端が否めなかった。故に、伸び悩んだ。前回の発表では、全商品の8割をユニクロの半額以下にすると宣言した。
そして、今回の「ケタ違い」である。6月2日の発表会の目玉は、990円の半額以下の490円のプリントTシャツ、990円2WAYチュニック、カーゴパンツ、ガールズジーンズなど。全商品の半分が990円以下。「家族4人が1万円以下でトータルコーディネートできる」といい、さらに低価格を強化したのが明確だ。

低価格路線強化の一つの理由は、外資のファストファッションブランドが次々と上陸してくるのを迎え撃つことだろう。原宿に大行列を作ったフォエバー21も「全身コーディネートで1万円」が売りの一つであるが、ジーユーのは価格はやはりそれと比べても「ケタ違い」である。

しかし、ジーユーの今後の展開で見逃せないのが、多店舗展開化をさらに加速させようとしている点だ。<2013年8月期に売上高500億円、日本全国200店舗体制を目指す>。という。
(Fashionsnap.com http://www.fashionsnap.com/news/2009/06/gu-990yen.html )

ユニクロの2月末における国内店舗数は766店。それに比べればまだ少ないが、ジーユーの同時期の店舗数が57店であったことを考えればいかに急拡大であることがわかるだろう。
これは、ファーストリテイリングのグループ戦略である。3月に行われたジーユーの戦略説明会で柳井社長が明言している。

続きはこちら