〜高度成長からバブルを駆け抜け、さらなる未来へ〜
1980年〜90年台にかけての日本経済のバブルが膨れ上がって破裂前後の頃の、筆者のドロドロの商社マン生活の実体験をベースに、小説化しました。 今も昔も変わらない営業マンの経験する予想を超えた苦楽物語を、特に若手営業マンに対して捧げる応援メッセージとして書きました。


第二章 一人前への長い道のり



翌日、関が宮田にずかずかと近寄ってきて案の定
いつもの雷を落とした。


「ばっきゃろー! 何だこれは。 お前は全くテレックスの
内容をなんもわかっておらんじゃないか。 
もっと真剣に読んで、わからんことは回りに聞け! 
皆忙しいから待っていても誰も教えてくれんぞ!
聞いて聞いて聞きまくれ。
板前修業のようなもんだ。わかったか!」


< 出たー。またこれや。なにが「ばっきゃろー」や。
  どうせなら、アホ!いうてもろたほうがまだましや。 
  それと、聞け聞けいうけど、いざ聞こうとしたら
  いっつも「忙しいから後だ!」で終わりやないかい。
  腹立つわ。ほんま。 >



「おい。 それと、お前、今日何でここに座ってんだ?」


< なにいうてんの。このおっさん。 >


「えー? 何でといわれましても??
ここ自分の席ですからと思ってるんですけど、
どういうことでなんでしょうかしょうか?」


< なに聞いとるんや、このおっさんは。 アホかいな。
  この机は、俺の机やろが。 なに、この会社は机も
  くれへん会社なんかいな? >


「違うだろうー! 何で会社にいるんだと聞いているんだ。
どういうことなんでしょうでしょうか? じゃないだろう? 
馬鹿か!。 お前は。」


「はー・・・」


「宇都宮には行かないのか?」


「宇都宮・・・ですか?」


「そうだよ。 先日一緒に行った日本非鉄金属工業の
宇都宮工場に行かないのかって聞いているんだよ!」


「え? また行かないといけないのですか?」



続きはこちら