世界最速にして世界唯一のトリプルエンジン搭載ブラウザLunascape。ブラウザといえばアメリカという常識を覆し、世界シェア拡大を狙うスタンスは、あのGoogleを彷彿とさせる。ブラウザで「世界平和実現」をめざすLunascape開発の背景を探る。

第1回 「世界初、世界最速を生み出す力を育む」

■たった60億人しかいないじゃないか

「もしかしたら、思っていたよりもうんと世界は狭いんじゃないか。人口が60億人『もいる』といえばとんでもない数字みたいだけれど、逆に60億人『しかいない』と考えればどうなるのか。そんなことをある日思いついたのです」

例えば日本人で英語を話せる人はおそらく、何十万人あるいは何百万人もいるかもしれない。しかし、これがチベット語となるとどうか。きちんと話せる人ともなれば、1万人もいないだろう。ではチベット語を話せて、お琴を弾けて料理もできる男性となるとどうだろう。もしかしたら一挙に、数人レベルまで絞り込まれるのではないか。

「だからコンピュータサイエンスを研究していて、しかもブラウザ専門で、ユーザビリティも理解できる奴と絞っていったら、たぶん数千人もいませんよ。世界を相手にするといっても60億分の1を目指すわけじゃない。それなら世界一は現実的な目標になりますよね」

近藤氏が初めてブラウザを作ったのは、大学時代のこと。研究のために世界中のブラウザをリサーチしてみた結果、意外な事実に気づいた。つまり、本当に使いやすいブラウザが、この世にはまだ存在しなかったのだ。


続きはこちら