女子中高生のなりたい職業に「キャバクラ嬢」がランクインされているというニュースが流れたのは最近のことだ。
その現象を、バカな話だと一笑に付していいのか?ニッポンのギャル文化の底力について考えてみる。

時代は、螺旋的に発展する。行っては、戻り、バージョンアップした原点回帰現象を繰り返しながら暮らしは豊かになってきた。そして、1階層ずつの螺旋の円の直径が、昔から比べると随分短くなった。この時代の目まぐるしく生まれる流行や文化は、そうやって生まれている。

では、螺旋的発展を可能にしてきた力とは何か?
それは、常に、今動いている時代とは逆行する力である。そうでなくては、原点回帰するためのキレイな円=和が描けない。その重要な力を司ってきたのが、誰であろう「ギャル達」「ヤンキー達」である。
いわゆる「下流層」で、意匠を変えつつ現れ続ける「ギャル的なもの」「ヤンキー的なもの」こそ、日本のポップカルチャーの源流なのだ。


日本は、世界に流通することの難しい複雑な言語体系を持っている。欧米諸国のように、多くの人々の、様々な言語や表現スタイルが入り交じって文化を築きあげてきたわけではない。しかし、文学作品やアニメ作品を見ると、世界から見ても驚くほどの多様な感覚と表現を持っていると言われている。そして、この時代の節目に、どこよりも早く人口減少化社会を迎え、消費市場の成熟を身をもって経験してきた現代の日本において、次を予見することのできるような多様なポップカルチャーが生まれつつある。その旗手が、いわゆるギャル達である。現代日本のカルチャーシーンを語る上で、日本のギャル達の動きは、見逃せない。

授業中の落書きとポップカルチャー。

続きはこちら