マイクロソフトがアメリカのロサンゼルスで開催されているゲーム業界の見本市「E3」において、新型のコントローラーを発表しました。

また、「コール オブ デューティ」シリーズやゾンビが猛ダッシュする「レフト 4 デッド」、世界的人気を誇る「HALO」シリーズの最新作、国外限定で発売されるXbox360版「ファイナルファンタジーXIII」などを含めた複数の新作ソフトを発表しています。

詳細は以下から。
Engadget & Joystiq live from Microsoft's E3 2009 keynote

この記事によると、新たに発売されるスケートボードを楽しめるXbox360ソフト「トニーホーク ライド」のためにスケートボード型コントローラーが発売されるそうです。

これがスケートボード型コントローラー


実際に乗ってプレイします。


国外限定で発売されるXbox360版「ファイナルファンタジーXIII」の実機映像も公開。ゲージは3段階から4段階へと変わっています。なお、海外ではファイナルファンタジーXIIIは2010年春に発売予定。


ゾンビが走り回るゲーム「レフト 4 デッド」の第2弾は11月に発売予定。


コールオブデューティ最新作「Call of Duty: Modern Warfare 2」


人気レースゲーム最新作「Forza 3」も発売されます。


実在する車が多数登場


世界的人気を誇るFPS(ファーストパーソン・シューティング)ゲーム「HALO」シリーズの最新作「HALO REACH」も2010年に発売予定。


さらに何も持たずに操作できる「コントローラー」が登場


カメラで動きを読み込み、ゲームに反映させるという仕組みのようです。


・関連記事
マイクロソフトが次世代携帯プレーヤー「Zune HD」を正式発表、iPod touchやニンテンドーDS、PSPなどに宣戦布告か - GIGAZINE

Xbox360の国内累計販売台数が100万台を突破 - GIGAZINE

国外で転売目的か、Xbox360を謎のアジア系外国人集団が買い占める - GIGAZINE

記事全文へ