いわゆる物産館と思ったら大間違い、今、アンテナショップが面白い!
特に激変しつつあるのが、そのスタイリッシュさ。
ショップの場所も、銀座界隈に集中しつつあります。
果たして、何を狙っているのでしょうか。


ひと頃前のアンテナショップと言えば、
各都道府県の名産品が購入できたる“物産館”のような感覚。
東国原知事率いる宮崎県「新宿みやざき館」は年間5億円、
沖縄県の「銀座わしたショップ」は年間9億円超の売り上げがあるとか。
その形態も最近はずいぶんと変革しつつあります。

例えば、
銀座一丁目にある大分県の「坐来(ざらい)」。
“物産館”の気配は全くありません。
まさに、“上質な和テイストレストランバー”です。
お土産品も扱ってはいますが、
“ギャラリー”として、セレクトショップ風に発信しています。

“上質な和テイストレストランバー”ですから、
様々なことにこだわっています。
もちろん、食材は大分の地物。
関アジ・関サバ・豊後牛・豊しゃも・柚子・白桃…
ドリンクだって、
大吟醸の沙羅・純米吟醸の丹誠・鷹来屋・リキュールのカボス・柚子…
器は、
小鹿田焼(おんたやき)を用いているらしい…
調度品も、大分工芸だとか…

また、同じく銀座一丁目にある山形県の「おいしい山形プラザ」。
庄内の超人気レストラン・アルケッチァーノの奥田シェフが
「ヤマガタ・サンダンデロ」を出店。
もちろん、山形の地物を使ったイタリアンを
清潔感のあるカフェ風レストランで満喫できます。

「おいしい山形プラザ」はもともとは、虎ノ門にあったけれど、
最近銀座に移転をしたそうです。
虎ノ門では、客層が限られるし、土日は開店休業状態。
銀座であれば、幅広い客層・土日も有効、
地価2倍近くの銀座ですが、採算は十分見込めるようです。

アンテナショップは、現地に行かなくても、
地のものが買える!というお得感がありました。
しかしもはや、各都道府県のアピールとともに物産を販売する

続きはこちら