昔から慣れ親しまれてきたサクマ製菓の“いちごみるく飴”。
「サクサクおいしい」「コリコリ食べれちゃう」という斬新なフレーズで当時から消費者から絶対的な支持を得ている。
ここまでの長期間にわたって人気を保っている秘訣とはどこにあるのだろうか?
そして、今後の戦略はどのようなものなのだろうか?
今回はサクマ製菓“いちごみるく飴”の裏側に迫る。

まぁるくって、ちっちゃくて、さんかくだ!? サクマのいちごみ〜るく♪

カリッ、コリッとつい食べたくなってしまう飴。季節になると、たくさんのいちご商品がコンビニの棚に陳列されるが、その中で最も古い定番商品。今回、我々がターゲットとしたロングセラー商品は、サクマの「いちごみるく」だ!

従来のアメは、口の中にアメを入れて、舐める。そしてゆっくりと口の中で溶けていくものであった。しかし、「サクサクおいしい」「コリコリ食べれちゃう」という当時では斬新なフレーズでアメ市場に乗り込んだサクマの「いちごみるく」。日本国中のアメファンから絶大な人気を誇っている理由は果たしてなんだろうか?


■ いちごみるくの誕生
1970年、まだ甘いものが成熟していない時代。サクマの「いちごみるく」が誕生した。

1964年、自社でチョコ入りアメ「チャオ」を開発。この商品のヒットにより、「飴+α」のコンセプトに手ごたえを感じたと当時の開発担当者は語る。そして、当時アメリカから入ってくるガムをヒントに、食感を意識した「噛む飴」というこれまでアメを開発していたどこの企業にもなかったコンセプトで開発された。


■ 他にはないポジションで、人気上昇!

続きはこちら