〜高度成長からバブルを駆け抜け、さらなる未来へ〜
1980年〜90年台にかけての日本経済のバブルが膨れ上がって破裂前後の頃の、筆者のドロドロの商社マン生活の実体験をベースに、小説化しました。 今も昔も変わらない営業マンの経験する予想を超えた苦楽物語を、特に若手営業マンに対して捧げる応援メッセージとして書きました。


第一章 田舎学生から激動の社会人生活へ


赤坂の夜の世界というのはある種特殊な世界である。


官庁、霞ヶ関などの役所、政府関係機関などが近隣に
あるため、日本の行く末などが語られる政治家御用達の
料亭が、ひっそりと裏通りにあったりする。 

かと思うと、ここは日本かと疑うばかりのハングル語や
中国語が飛び交う表通りがあったりし、多種多様化した
巨大繁華街である。 

アジア人、黒人、白人などの外国人、大物政治家、役人、
財界人、サラリーマン、任侠の世界の人、ちんぴらなど
ありとあらゆる世界に軸足を置く人間が夜な夜な
混沌とした闇の中でうまく融合しながらうごめいている
夜の世界。


 
「これが夜の赤坂や。 一見華やかやろ?」



< は、華やかっちゅうか・・・、夜やのにえらいまぶしいな >



繁華街といえば、北海道のススキノしか知らない宮田
だった。
ススキノは、同じ繁華街でも北海道らしくあっけらかんと
しており、赤坂から感じるどろどろした何かおどろおどろしい
ブラックホールのような不気味な雰囲気はなかった。

マイクがご馳走してくれた高級中華料理に舌鼓を打った
一行は、場所を変えて赤坂見附の交差点から程近くに
ある高級ホテルの最上階にあるバーに移り、ウイスキーの
水割りを注文し、赤くぼんやりとライトアップされた
東京タワーをビルの間から望み、眼下に赤坂の夜景を眺め
ながらお酒を楽しんでいた。


マイクが口を開いた。


「宮田君。 自分なー。マーケティングって言葉知っている?」


「はー。マーケティングですよね。広報とか宣伝とかのこと

続きはこちら