「うちの上司はだめでさー」というようにおっしゃっている方はたくさんいますね。私はあまり居酒屋はいきませんが、ワタミあたりの飲み屋にもたくさんいます・・・。でも、本当にそうなんでしょうか?


 はじめは誰でも作業員です。それは仕方がないことです。

 それで、あなたのボスがいます。上司がいるのです。

 上司は、あなたの評価をして、給与の昇給などを決める権限を持っていることが多いです。

 そして、あなたに仕事の指示を出します。上司がやれ!と言った仕事をやるのです。

 そのボスとどうつきあっていくのか?というのはすごく大事なポイントです。会社生活のすごく大きな部分を占めるでしょう。

 上司との人間関係に悩む人も多いです。セクハラ、パワハラ、そういう言葉が上司との間には存在することもあります。まあ、刑法上の犯罪なら、しかるべきところに訴え出る必要はありますね。

 ただ、人間関係だけでなく、仕事をしっかりやっていく上で、どのようにボスというヒューマンリソースを使っていくのか?というのはすごく大事です。

 で、タヌキオヤジ的な上司もいますよね。好々爺のようにしているだけの上司もいます。

 でもね、タヌキオヤジは伊達にタヌキオヤジではないのです。彼らのリソースをうまく使えれば、あなたの仕事のレベルはまた1つ上がっていきます。

 一応、会社に認めてもらって、昇進して、あなたを任されているのですから。

 それで、上司は忙しいことが多いですね。いろんな案件を部下にふっていて、そのクオリティー管理までしていることが多い。

 彼らはそんなに細かいところまで降りられない。

 逆に、細かいところまで下りてこられて嫌だ、という人は、信用されていないということです。細かいところを徹底して考えることをすれば、細かいところを直す必要がない人の場合は、上司は別に細かいところまで下りてはきません。


続きはこちら