私は若い頃から表情に乏しく、

「能面」や、「仏頂面」、「ポーカーフェイス」

などと言われてきたんですよね・・・



別にいつも不機嫌だったわけでもなく、
気取っていたわけでもないんです。

ただ、生来のはにかみ屋で、人前では緊張しがち。
顔がこわばってしまっていただけなんですけどね。

おかげで、

「ぱっと見、近寄りづらい」

とか、

「高飛車な奴」

などとマイナスに評価されてしまうことが
多かったです。


まあ、相応に年を取った最近では、
以前ほどは人前で緊張もしなくなりました。

また3年前から続けているゴスペルのおかげで、
アマチュアながら人前で歌う機会が多く、
自然にほほえむことが少しはできるようになって
きたと思います。


さて、考えてみると、

「微笑み」

は、人間だけが持っている表情ですね。

「そんなことないよ、
 うちの愛犬は私に微笑んでくれるよ!」

と反論する方もいるでしょうか。


でも、口角を上げて、
はっきりとした微笑みの表情を作れるか
という点で言えば、人間だけができる表情です。


では、微笑みはどんな効用を持っているのでしょうか?

先日放送されたサイエンスゼロ(NHK)でも、
このテーマが取り上げられていましたが、
微笑みの起源は、チンパンジーなどの霊長類に見られる

「グリメイス」=劣位の表情

だと考えられているそうです。


「グリメイス」とは、
口を開けて歯を見せる表情です。

これは、ボスザルのような上位のサルに対して、
あなたに逆らう気はありません、服従しますと
いう意思表示です。

つまり、グリメイスによって、
サルは、相手よりも自分がへりくだっていること
を相手のサルに伝えるのです。


そして、人間の場合、
グリメイスが「ほほえみ」に進化しました。

ですから、人間における「ほほえみ」もまた、
自分をあえて下位の立場に置くことで、
敵意のないことを示し、
相手の警戒感を解くことのできる

「ボディランゲージ」

言い換えると、


続きはこちら