何年ぶりだろう・・・先日、東京出張の際に、新宿西口の喫茶室「ルノアール」を利用させてもらった。打ち合わせまでの時間潰しで入っただけなのだが、何故か、すごく落ち着いた。
スターバックスの成長が鈍化する中で、おなじみ喫茶室ルノアールに、、、伸びしろがある気がした。

東京に住む人なら誰もが目にしたことがある喫茶室「ルノアール」。スタバなどの欧米スタイルのカフェ隆盛の中、「残念な喫茶店」の様相を呈しているかと思いきや、、、ルノアールを経営しているのは、株式会社銀座ルノアールという列記としたジャスダック上場企業。コーヒーチェーン業界としては日本で初めて、「ドトールコーヒー」よりも先に株式公開を成し遂げた会社なのである


直近の決算短信によると平成21年3月期の連結売上高は、58億3100万円。前年比2.4%増であるから、この不況期にも大健闘である。主な事業は、喫茶等事業。喫茶店112店舗を首都圏中心に展開。
内訳は、おなじみ喫茶室ルノアールが、85店舗。カフェスタイルの低単価コーヒーを提供するニューヨーカーズ・カフェが、12 店舗。個室スタイルのカフェ・ミヤマが、9 店舗。カフェ・ルノアールが、6 店舗。2008年には、5店舗を新規オープン、既存の店舗10店をリニューアルオープン。その店舗のすべては、フランチャイズ方式の出店を行わず直営店方式による展開で、多様に市場に応えている。決して「残念な喫茶店」を運営する、「残念な企業」ではない。経営方針が明確な優良企業だ。


喫茶室「ルノアール」は、決しておしゃれではない。若い人達から見れば「オヤジが入る喫茶店」だろう。冷たい水と一緒に出された、分厚いタオル地のあったかいおしぼりで手をふき、かぁーっと顔を拭く。でも、それが許されているのが、喫茶室「ルノアール」だ。だから、オヤジくさいサラリーマンがたくさんいる。仕方ない。



続きはこちら