かつて『芸能人は歯が命』というフレーズが流行りましたが、時は移り変わり、今や『ビジネスパーソンも歯が命』の時代です。
今回は最新のオーラルケア事情について考えてみました。

皆様こんにちは♪
カラーコンサルタントRosaの山田美帆です。


かつて『芸能人は歯が命』という言葉が流行りましたが、
私のようなイメージコンサルタントにとっても、
やはり『歯が命』です。


だからこそ私は、歯のケアに並々ならぬ労力を注いでいます(笑)
今やそういう特殊な職業の者だけでなく、
ビジネスパーソンにとっても歯は第一印象を決める大きな要素となっています。



先日、株式会社イシュアさんから、
日本初のシート型美白パック(ホワイトニングパック)が発売されました。
肌と同じように、歯をパックして、
歯に蓄積したくすみをとるものです。
パックに含まれているイオンクレンジング成分が浸透吸着して、
歯のくすみを浮かせるそうです。


そのイシュアさんによると・・・

最近の女性のニーズは年々拡大し、
ケア領域やケアニーズが拡大してるそうです。
肌への普遍的なニーズはもちろん、
年齢が現れやすいとして「口元」へのニーズも増えてるとのこと。
しかも女性の80%以上が
「顔の印象は口元の美しさで決まる」と思ってるらしいのです。


でも、これは女性に限ったものではありません。


欧米では本人の印象を決める重要な要素として『歯』を捉え、
ビジネスの成功すら歯で決まるとされています。

そのため、男性も女性も、オーラルケアーに対する意識が高いのです。
歯がきれいな事によって、『初対面で好印象を与える』
『清潔感をアピール』することができますよね。


日本でも最近、オーラルケアーに対する関心が高まりつつあります。
ホワイトニングは歯医者さんだけの専売特許ではなくなり、
今やエステ業界も参入できるようになりました。
また、上記のように、
自分でできるホワイトニング商品もたくさん発売されています。



続きはこちら