以前から発表されていた「DOA ONLINE」が、中国で正式サービスを始めた。日本で誕生した人気格闘ゲームだけに、日本での正式サービスも待ち望まれているが、はたしていつになるか?

「デッドオアアライブ」はアーケードゲームとして登場、その後セガサターンやプレイステーションにも移植され、現在は4作目まで出ている人気格闘ゲームだ。スピード感や綺麗なグラフィック、そしてなんと言っても女性キャラクターの乳揺れが話題となり、固定ファンもついている。日本での正式サービスについては、コーエーのGAMECITYでサービス運営される事は発表されているものの時期についてはまだ未定。

日本のファンにとっては複雑な心境といったところだろうか。日本で誕生したゲームがオンライン化された際に、先に海外でサービスが開始される例はいくつかある。最近だと「イース・オンライン」なんかがそうだ。後からサービスが始まったからと言って、何かを損するという事はないものの、ファンとしては一刻も早くプレイしたい気持ちはあるだろう。日本でもファンの多いゲームだけに今後の発表が待たれる。

(編集部:林 裕之)

【関連記事】
ファルコムの2009年PCソフト第一弾は「ZWEI?」通常版
フロム・ソフトウェアがPSP向けに6作品発表
PS3が売れる日本のおもしろさ
シリーズの要素継承「グランディアオンライン」
ゲーム機でのMMOはもっと遊びやすい配慮が必要

-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!