Beとはまぎれもなく「在り方」を意味しています。これまで私達はDoばかりを追い回してきました。Doとは「やり方」、広義としては勝つための技術であったり、人の評価方法であったり、数値化し比較し競争することを指します。
その尺度に沿っていなければ評価されず、勝ち続けた先に何があるかを問わないままに日々、走り続ける。

Beとはまぎれもなく「在り方」を意味しています。これまで私達はDoばかりを追い回してきました。Doとは「やり方」、広義としては勝つための技術であったり、人の評価方法であったり、数値化し比較し競争することを指します。
その尺度に沿っていなければ評価されず、勝ち続けた先に何があるかを問わないままに日々、走り続ける。

組織に目を向ければ、その組織の存在価値や意義、本質的なビジョンを真剣に問わずに何故か帰属意識だけは求められる。
人に目を向ければ、なぜその企業に入社したのか、なぜその仕事をしたいのか、そもそも1年後、5年後、10年後自分はどんな人間になっていたいのか、自分の価値とは何かを問うことも忘れ日常に埋没している。

組織は媒介です。媒介の目的は、人と人が集いそこに存在する多様性によって生まれる、爆発的なシナジーを生み出すためです。多様性が生み出す価値やエネルギーによって私達は本当の自己の個性や価値に遭遇します。

そして、その個性を磨くための研磨剤が仲間であり仕事です。さらに、どんなに辛い研磨作業であっても、やり続けるためにBeの成長が不可欠なのです。このことが本当の人材の成長を生み出す源泉なのですが、そのことを本当に理解しいている方は多くないように感じます。

目下、この社会状況を生み出したものは何でしょうか。評論家の皆様が仰るように要因は様々です。ですが、このまま経済の復興だけが行われたとしてこの先、私達の未来は明るいのでしょうか?


続きはこちら